FC2ブログ

パーソナルカラー、骨格スタイル分析を基にしたアラフォー、アラフィフのイメージアップのお手伝いをしています。

  スノードロップのつぶやきのナビゲーター   トップページ > 資格取得情報 > ジュエリー協会のセミナーに行ってきました!  

ジュエリー協会のセミナーに行ってきました!

2015 - 08/07 [Fri] - 01:08

本日(あ!ちょうど昨日になってしまった)は、
日本ジュエリー協会主催の
「お客様の信頼獲得と選ばれるJCになるための販売心理」セミナーに行ってきました。
講師はJC1級を取得されている 吉田 昇太郎氏
JC1級は販売のロールプレイも試験にある知識だけではなく
接客のプロとしての要素も必要な難しい試験です。

さすがに接客のプロ・・・とても聞きやすく
今回はグループワークを交えながらのセミナーでしたが
2時間がアッというまでした。

セミナーの内容を忘れないよう24時間以内に誰かに話す、
又は実践してみる、毎日確認することが大切との言葉を最後に頂いたので、
ブログではありますが・・・24時間以内に誰かに話すを実践します!
201508062357182e7.jpg

今回は販売心理学を接客に活かすためのセミナーでした。
私たちは知らず知らずのうちに使い慣れた表象システム(癖のようなもの)があり、
その表象システムが相手とあっていないとミス・コミュニケーションが起きてしまいます。

表象システムには3タイプがあり、使う言葉や手の動きの特徴は以下のようです。
・視覚優位(V)
 「見える」「見通しがいい」「明るい・暗い」「はっきりしている」
 自分が頭で描いている絵を手で表現しようとする
・聴覚優位(A)
 「聞える」「考える」「思う」「リズムが合う」
 手はほとんど使わないが、思考しているときに手が鼻や口元に行く傾向がある。
・身体感覚優位(K)
 「感じる」「触れる」「存在感がある」「美味しい話だ」
 手を使って自分の身体の感覚を表現しようとする。  

タイプ分けをするにはNLPタイプ分けテストが使われるようです。
今回はワークとしてやってみました。
私は全体に点数低かったのですが(結構他の方は点数高くビックリ)
中では視覚優位の判定でした。
そんな私が聴覚優位や身体感覚優位のお客様に商品を見てもらいたいと思って
商品の良さをまくし立ててお勧めしても共感してもらえません(>_<)
お客様のタイプを見極めて、お客様の特性にあった接客が必要なんです!
これはJCだけではなく、カラリストやアドバイザーとしても使えるシステムですよ。

でも、あった瞬間にお客様のタイプを見極めるのは大変ですよね!
そんな時は3つ表象システムの言葉をぱらぱらと会話にちりばめることで
お客様の反応がどこにあるのかを知ることが出来るとのことでした!
   (さっそく明日から試してみよう・・・)

昔と違って今はものがあふれている時代!
接客の方法も変わってきています。
お客様からの信頼獲得、お客様のニーズにあった接客が
売り上げアップのポイントです。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://2005snowdrop.blog129.fc2.com/tb.php/344-d9a378e4

 | HOME | 

プロフィール

スノードロップ

Author:スノードロップ
2014年3月に自宅サロンをオープン(まだ副業です)。、パーソナルカラー診断(ヘアーも)と手作りアクセサリー、雑貨の販売をしています。
キャリアアップの為、さらにいろいろな資格に挑戦中。
<取得資格>
・東商カラーコーディネイター検定
ファッション色彩1級
・パーソナルカラーリスト検定1級
・日本パーソナルカラリスト協会
 「検定指導員」
 「色彩診断士」
  「認定講師」
・骨格スタイルアドバイザー2級
・パーソナルヘアカラー診断士
・準ヘアスタイル診断士
・色彩福祉検定1級
・日本色彩環境福祉協会 色彩福祉士
・ジュエリーコーディネーター検定2級
・日商簿記2級
・2級FP技能士(個人資産相談業務)
       (中小事業主資産相談業務)
       (生保顧客資産相談業務)
・アロマテラピー検定1級
・福祉住環境コーディネーター2級
・初級禁煙支援薬剤師

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

このブログの読者になる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数: